夏バテ予防に熱中症玉ねぎ予防予防には予防

夏の照りつける太陽の下で多くの友達はすべてとても容易な暑気あたり、熱中症を引き起こす内分泌や新陳代謝紊乱後、酷暑の時期が来るたびに、それぞれの年齢の人が熱中症の潜在的な危害に直面して、特に老人と子供とアウトドア労働者.暑気あたりで食の禁忌に注意して、あなたは早く健康に回復して健康に回復することができます.今日は暑気あたりの食事予防と食禁忌を紹介します.

p1、食事療法予防

(いち)科学的かつ合理的な飲食、野菜や果物をたくさん食べるように、バナナとウリ、トウガン、ニガウリ、キュウリ、ヘチマ、スイカなどを除いて、ウリが水分を補充するほか,高カリウムの低いナトリウムの特徴は、血管や血圧の作用を保護する.

p(2)豆製品を食べる、植物性蛋白質を補充する.

P(3)たんぱく質、食用に新鮮な魚、エビ、鶏肉、鴨肉などの脂肪が低い良質蛋白質食品.

上記の予防、暑気あたりの発生を減らすことができる.

2、飲食禁忌

Pは大量の水水飲みを忌む

を忌む

熱中症の患者に少量の水の方法を採用するべきで、毎回、300ミリリットルを超えないほうがいくて、深酒は禁物だ.大量水希釈胃液からだけでなく、消化の機能に影響を引き起こし、反射性発汗亢進、体内の水分と塩分をさらに大量に流出して、深刻な時によって熱けいれん.

Pは生もの靑果

を忌むPは、Pと寒しと寒性がさらに損傷し、下痢、腹痛などの症状が出てきます.

油っこい食べ物

忌む暑気あたりに油っこい食べ物、夏場胃腸の消化能力に適応するために、暑気あたりに食べ物を食べて.脂っこいものは胃腸の負担が重くなり、胃腸により大量に滯在、脳の血液が減少すると、頭が眩暈、疲れを感じるようになります.

偏食偏食偏食偏食偏食偏食偏食によっては、熱中症患者はあっさりした食を主とするが、適当には魚、肉、卵、乳など、人体に必要な栄養成分を保証する.

忌盲目的に進むことに補う

暑気あたり後暑さがないことは虚症が、早させにくい進むことに補う暑さが消えて,あるいは使ってすでに消えて復の暑さ.

また、多くの人が熱中症の後を熱を下げて暑気を払う食品、例えば金銀花茶、菊花茶など涼性のお茶が,玉ねぎ、熱中症後すぐに食べ過ぎ性は涼しくて、材料がないだけではなくからのぼせの効果を引き起こし、好みの損傷を引き起こす可能性があり、下痢.特殊体質の熱中症の患者も医師のアドバイスに従って、盲目的進むことに補う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です