「がん医師を殺したの玉ねぎにじゅう忠告されて癌に余命宣告》の省思

私は、お医者さんが癌を宣告して、たくさんの人は驚きのあまり、その直後にどのくらい生きているのか?癌の罪,玉ねぎ、医者は死刑の罪、医者は生死の死生を判断することができる裁判官.このような反応は理解できない、医学は日進月歩、しかし癌は常に不治の病とされて、特にその病状がすでに末期末期に進んで発見する人にとって.

お医者さんに病人の余命宣告が、良い視点は彼らは危機意識を知っていなければ早く治療すれば、その結果は深刻な、しかし、他の方面から見にきて、余命宣告にも達し恐喝作用は、そもそもたくない手術や薬物を使う人は、妥協をおとなしく治療の主導権.

余命宣告

の歴史は古く、日本にとって、1980年代までは、直接伝えにがん患者も、絶対タブー視される .しかし21世紀になって、病状を告知病気は主流で、余命宣告がほとんど人が病気にもよくなくて、甚だしきに至ってはそれとを診る常態であるが、実はたくさんの余命判断も軽率すぎる.

は高宝本版新刊書『れないがん医師を殺したのにじゅう忠告」、「がんという病気……人類の生命を奪うことができ、腫瘍が徐々に増大し、体内臓器の機能、呼吸、血液循環などの生命活動を阻害する.は大腸がんを例にして、普通の医師会ががん細胞が肝臓転移に宣言患者来日多くなくて、しかしすべて転移病肺がんの数と大きさの違う、病巢の生長速度がまったく違うので、もし正しい判断余生の長さ、必ず掌握病巢の増殖速度.と

この手順で

の所要時間は、少なくとも3ヶ月ごとに、つまり何ヶ月,病気を受け入れて超音波検査やコンピューター断層撮影(CT)は、測定の病巢の大きさが変化し、計算のがん細胞の成長速度.そしてこれらのステップが最も短くても3ヶ月間隔で、検査を行うことです.

どうしてこのように必要なことを必要としますか?主にがんの想像の中で成長より早く、正確に言うと、がん細胞は長いがチェックされ、平均じゅう~さんじゅう年の時間で、もし人間の一生にたとえ、がん細胞に年老いた段階で、やっと発見されたので,もしそれを身につけるの増大速度、少なくいくつかまでが必要月の観察期間.

しかし、臨床でよく医者が病気になって、数ヶ月しか生きられないのに、病気になって、何年も何年も仕事をしている.だから於寿命の判決は、最高のやり方はなるべく気にされないように、「がん医者の忠告を殺しにじゅう』の作者の近藤誠に「できる人はいないよどっか失われた時間、も人がいない未来へ借用時間.どんな状況でも、一番大切なのは己の中で、しっかり過ごしています.と

もし不幸が発見してがん細胞が出現することを発見して、自分を計算するのは自分がどのくらい殘することができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です