「殘暑」立秋後の玉ねぎ移動はまだまだ

気をつけて殘暑立秋後も暑さを防ぐ立秋は一年気力温は加熱温度を下げるの転換期に、その後湿気次第に弱まり、前にやりきれない“サウナ日”は徐々に減少.しかし立秋は本当に秋の到来、熱い夏の余熱のないことと、処暑節気もはち月末に相次いで殘暑も虎視眈々と、だんだんステアリング乾熱.特に立秋前後で、多くの地域は暑い中.気象資料は、この暑さの気候、しばしば九月の下旬、天気が本当に涼しくなることができることを表明している.そのため、立秋後に天気予報に注意し、殘暑に気をつける、熱中症に注意を払う.秋は戸外で運動して秋にはいくつかのアウトドア活動、適度に日焼けし、真夏は朝と夕方に少し肌寒い、立秋後午前10時前には屋外活動が増加します.秋はほとんど運動項目が適当で、体の事情と必要に応じ、フィットネス体操、ペレット運動、週末には登山などアウトドア活動が可能になります.よく注意して下さい、良い体があって良い精力があって、さもなくば、あれらの昇給昇進はあなたと少し関係に関係していません.最適秋のフィットネス運動を強化、肺機能:心に人の群れに適します:高齢者(高血圧や冠状動脈心臓病などの患者はもっと器量によりて荷をば持て)秋山登り,温度変化が比較的大きく、人体の健康に対して自体はメリットがある:体温調節機構がどんどん緊張状態にあって、人体は環境の変化を高める適応能力.高血圧、冠状動脈硬化などの患者のために、予防に不必要な.ジョギング:消費エネルギーが増加する人の群れに適します:中年の人(亜健康者より有効)ジョギングを強めることができて血液循環を改善し、心肺機能や脳の血液の供給や脳細胞の酸素供給を軽減して脳の動脈硬化,脳の働きが正常に働く.ジョギングはまた有効に代謝を刺激し、エネルギー消費を増加し、ダイエットに役立つとしています.自転車運動:改善肥満人の群れに適します:制限しない人が、高齢者の時を越えないで、長いさんじゅう分空気清浄な場所で、1種のホルモンを分泌することができる、このホルモンあなたを心が明るくて、精神愉快、実験を自転車の運動を生み出してこのホルモン、それに感じは非常に自由で痛快無比によると、近年の研究の結果、自転車やジョギング、水泳のように、1種の最も改善心肺機能の耐久性を人々に鍛えて、それだけではなく、一項のダイエットを運動して、更に心の喜びの追放.冷水浴:免疫力を増強して人の群れに適します:無病気、体調が正常な人冷水浴とは5-20℃の間の秋の自然水温.冷水浴の保健作用は明らかに.まず,玉ねぎ、神経の興奮機能を強化する、入浴後精神爽快、頭脳明晰、頭がすっきりしている.また人体に疾病の抵抗力を強めて、血管体操と言われても、それは血管体操といわれている」.消化機能に問題がある人は、冷水浴は慢性胃炎、胃下垂、便秘などの病症に一定の補助治療効果があります.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です