風に養生:漢方教え夏至季節の玉ねぎ特徴

夏至は毎年の6月21日または22日.この時直射北回帰線は、北半球一年で昼が最も長い日南方各地を日の出から日の入りまでのほとんどは十四時間ぐらい.夏至は昼一番長く、太陽の角度は最高だが、一年では天気が一番暑いときはない.表面に接近する表面熱量は、このときに蓄積し、最も多くは最多のときに達していない.ことわざに暑いから三伏と言い,玉ねぎ、本当の暑さは夏至と立秋を基点に計算したものだ.七月中旬から八月において、各地の気温は平均最高,地域の最高気温は40℃ぐらいで.夏至、古くはナツ、夏至.夏至の日から、我が国の気温が最も暑い段階に入り始めた.夏至後の天気で局地的に強い対流の範囲が小さいので、雨が夏の雨田坎」ぶり」の言い方..昔は夏至の日、人々は、神事を切に災責める年丰.週代夏至の神事の意を疫疠、凶年と飢え死.夏至の三時:候鹿角解;2はセミ始鳴;三候半夏生.ミンチと鹿虽属同科が、古人は、鹿の角朝前生ので、所属陽.夏至の日は鬼気生で気が必衰、陽性の鹿角は抜け落ちし始めた.陰でミンチに属するためので、冬至の日の角が脱落.第二時の蝉の始まりの蝉は、古代に蝉と書く」.セミの種類が多く、良セミ(五彩蝉)、唐蝉(大蝉)、ひぐらし(秋のため)セミ(夏に鳴く)など多くの種.夏蝉もセミという.雄のセミは夏至で、鬼気の生を,ドラムの翼にしていたという.はんげは一種の日陰を好むのハーブで、真夏の沼沢地や水田で生まれたので、1種の植物陰性.このように、暑い夏、陰の生物が現れ始め、陽性の生物は衰退し始めたということです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です