端午節はちまきを食べるだけではなく、5種類の玉ねぎ伝統美食をおすすめします

端午は何を食べますか、この問題は、多くの人が思うのは端午の節句にちまきを食べて、実はさもなくば、場所によっては端午の伝統的な食べ物は同じではない、下小編あなたを連れて各地の人々から端午は何を食べて.端午の節句は何の良い端午節に粽を食べます.艾グラスの香が.桃の枝は門に挿して、出て1望の麦の黄色を眺めます.ここは端午節、端午節、端午の節句至る.」これは昔から流行っていた端午節の民謡.全体的に、各地の人民は端午節の習慣によって、端午節に粽を食べ、昔、中国各地も同じように.今のちまきはもっと多様で、きらきらしている.今各地のちまきは、一般箬殻バッグでもち米が、色によってしまうは各地の名産品や風俗によっては、著名なリュウガン粽、肉粽、水晶の粽、蓮蓉粽、砂糖漬け粽、栗粽、辛い粽、白菜のピクルスと粽、ハム粽、塩漬け卵のちまきなど.端午の節句を知って我が国の江漢平原に端午の時には必ず食田鰻.田鰻の別名タウナギ、ウナギなど.端午の時期を知って、丸い肥ふくよかで、肉嫩おいしいだけでなく、栄養が豊富で、食味がよく、しかも栄養を補給する機能を持つ.そのため、民間に端午タウナギ大会人参説.端午節には江西省南昌地区、端午節には茶卵と塩水卵を煮て食べます.卵は卵、アヒルの卵、鹅蛋.卵の殻の朱塗り、色とりどりのネットの袋の装着、子供の首にかけて、子供地獄で地蔵に逢う意を祝福し、無事で.端午節ににんにくの河南、浙江などの省農村で毎年端午節にして,玉ねぎ、家の中の主婦は特に早く、事前に良いにんにくと卵を一緒に煮て、1家族の朝食食用にします.ニンニクと卵を煮ている時にヨモギ葉を入れます.朝食食ニンニク、卵、あてる油後、この食べ方は避けるという五毒でヘルシー.端午煎堆福建晋江地区を食べ、端午家々はまだ食べ煎堆とは、小麦粉で、米粉やサツマイモ粉や他の具調成濃いペースト焼き成.聞くところによると南部一帯は昔端午前は雨季で,長雨が続くだけではなくて、民間は天道に着た穴、补天.端午の節句を食べた煎堆」後雨が止んで、人々を天补よかった.この食俗の由来.でも、注意事項は以下の飲食:一、端午慎飲み雄漢方医の養生の小さい常識の紹介によると、鶏冠味の苦しみ、性は暖かくて、微辛,毒は、外週は内服.その中で、最も特別なのは、鶏冠は飲むことが鶏冠梅酒をつくる、腐食の力があるので、ぜひ医者の指示に従わされ、しかもれた古法の雄を飲むことができない.二、健康にちまきを食べて、旧暦の五月五日の端午の節句は、端午節と呼ばれる.私たちの前に発表された端午節の由来と習俗一文に、端午節の民間に粽を食べ、よもぎと菖蒲を挿、賀黄酒、賽竜船の習俗を食べていました.端午節に何を食べますか、それともちまきを食べます.食小常識に、粽は高カロリー、消化消化の食品、食用時に注意量の制御.3、ちまきを食べます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です