風邪で喉が痛くて蜂蜜の玉ねぎシロップのシロップはあなたを治療するのは良いです

寒い春、いつも風邪を引きやすくて、特に春はまた多くの花の季節には,花粉を散らして空中で、よく呼吸器感染.そのときは喉がヒリヒリ、舒服、すぐに重度の風邪,音さえ出てこない.風邪の初期ののどは痛みます時、一体何を食べることができますか?日本の栄養士南恵さんは、簡単な蜜大根でシロップを使ってもいいとアドバイスしている.風邪の時、喉が痛くて,玉ねぎ、のどが痛くて、のどが痛くなって、のどが痛くなって.日本の栄養士は南恵子は、日本民俗療法は、白大根おろしは解消二日酔い、緩和脳充血の機能に加え、ハチミツ殺菌の機能、両者は共に力を合わせて、風邪の初期の緩和の喉が痛いと調子が悪い.これらの材料はかなり取得しやすく、家でも楽になります.はちみつ大根シロップ材料と

はちみつ大根シロップ材料:

大根大根には適当な分量(約5センチ長の大根)が適当に蜂蜜は適量(と大根をカバーすることを考慮して、だいこんを覆うことを考慮して)を考慮して密閉容器は1個で、

やり方をして

だいこん1 .大根を皮むきにした後はひのを切る.各大根約1センチ.

に.切っ丁好大根を入れて密閉容器内に入れて、ハチミツ.はちみつはすべての大根を宿泊することができて、適時に手を使って位置を調整することができる位置を調整します.容器の蓋にし、静は2~3時間放置している.4 .まもなく、大根の出水が見える.水と温温水は好みに応じて飲んで飲んで、不快な喉に改善して改善することができます.大根を排斥しない者も食用大根を食べることができる.このような民俗療法は純天然食品かつ副作用がないと言われても、その効果は人によっては、風邪薬とは比べものにならない.何度試しても改善、風邪症状が深刻になり、早く医師を見てみたら.また、蜂蜜は1歳以下の幼児にならない、使用時は必ず注意してください.

写真の出所:南恵ちゃんは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です