ブロッコリーと食べてやっと有効芭の玉ねぎ楽

統計によると、台灣の50歳以上の人が60歳以上白内障、70歳以上が90歳以上.白内障の摘出手術はすでに成熟して、白内障は依然として失明の主因の一つです.しかし、イギリスの研究は、環境の白内障の影響は更に遺伝に影響することに影響して、ビタミンCを摂取して、予防あるいは遅延白内障発生発生することを防止することに役立ちます.

本田眼科副院長と廖士杰、白内障の最も主要な原因による長期曝露紫外線は、組織の老化.慶應義塾大学医学部医師坪田一男指摘については、人の年齢、抵抗力を弱め活性酸素、水晶体も酸化、硬くて、濁ってによって白内障.

ロンドン国王学院(キング」sCollegeLondon)長年研究を続けて栄養素や白内障の関係や、環境要因(例えば食)と遺伝要因に対して、白内障の影響程度の違い.研究チームは、1000組のイギリス女性双子の栄養素摂取量を調べ、ビタミンA、B群、C、D、ミネラル、マグネシウム、亜鉛などが含まれている.ビタミンCを摂取して、白内障リスクが低下するビタミンCの摂取に影響を与えると

デジタル映像を通して、研究者を観察することができる参加者の水晶体の不透明度を評価し、白内障の経過.参加者のろくじゅう歳ぐらいを初めて測定、じゅう年後は324組の双子を繰り返し測定.研究の結果、白内障関係の要素において、先天遺伝子の影響は35 %に影響し,玉ねぎ、環境は65 %占めている.また、初めての測定結果によると、ビタミンC摂取が多い人、白内障のリスクは他の人より低い20%;じゅう年後の繰り返し測定結果は発見して,ビタミンC摂取が多い食べ物の女性、白内障のリスクが低い33%.は、統計によると、台灣50歳以上の人が60歳以上白内障、70歳以上が90歳以上に.白内障の摘出手術はすでに成熟して、白内障は依然として失明の主因の一つです.しかし、イギリスの研究は、環境の白内障の影響は更に遺伝に影響することに影響して、ビタミンCを摂取して、予防あるいは遅延白内障発生発生することを防止することに役立ちます.

本田眼科副院長と廖士杰、白内障の最も主要な原因による長期曝露紫外線は、組織の老化.慶應義塾大学医学部医師坪田一男指摘については、人の年齢、抵抗力を弱め活性酸素、水晶体も酸化、硬くて、濁ってによって白内障

ロンドン国王学院(キング」sCollegeLondon)長年研究を続けて栄養素や白内障の関係や、環境要因(例えば食)と遺伝要因に対して、白内障の影響程度の違い.研究チームは、1000組のイギリス女性双子の栄養素摂取量を調べ、ビタミンA、B群、C、D、ミネラル、マグネシウム,亜鉛などが含まれている.ビタミンCの摂取量を摂取してビタミンCを摂取する

風邪で喉が痛くて蜂蜜の玉ねぎシロップのシロップはあなたを治療するのは良いです

寒い春、いつも風邪を引きやすくて、特に春はまた多くの花の季節には,花粉を散らして空中で、よく呼吸器感染.そのときは喉がヒリヒリ、舒服、すぐに重度の風邪,音さえ出てこない.風邪の初期ののどは痛みます時、一体何を食べることができますか?日本の栄養士南恵さんは、簡単な蜜大根でシロップを使ってもいいとアドバイスしている.風邪の時、喉が痛くて,玉ねぎ、のどが痛くて、のどが痛くなって、のどが痛くなって.日本の栄養士は南恵子は、日本民俗療法は、白大根おろしは解消二日酔い、緩和脳充血の機能に加え、ハチミツ殺菌の機能、両者は共に力を合わせて、風邪の初期の緩和の喉が痛いと調子が悪い.これらの材料はかなり取得しやすく、家でも楽になります.はちみつ大根シロップ材料と

はちみつ大根シロップ材料:

大根大根には適当な分量(約5センチ長の大根)が適当に蜂蜜は適量(と大根をカバーすることを考慮して、だいこんを覆うことを考慮して)を考慮して密閉容器は1個で、

やり方をして

だいこん1 .大根を皮むきにした後はひのを切る.各大根約1センチ.

に.切っ丁好大根を入れて密閉容器内に入れて、ハチミツ.はちみつはすべての大根を宿泊することができて、適時に手を使って位置を調整することができる位置を調整します.容器の蓋にし、静は2~3時間放置している.4 .まもなく、大根の出水が見える.水と温温水は好みに応じて飲んで飲んで、不快な喉に改善して改善することができます.大根を排斥しない者も食用大根を食べることができる.このような民俗療法は純天然食品かつ副作用がないと言われても、その効果は人によっては、風邪薬とは比べものにならない.何度試しても改善、風邪症状が深刻になり、早く医師を見てみたら.また、蜂蜜は1歳以下の幼児にならない、使用時は必ず注意してください.

写真の出所:南恵ちゃんは、