夢を追う玉ねぎ僕は

Pは五月一本として立つ若木、かすかに香りの花を放つ花、時間が正確な自分の体の中で自分を刻んで自分の体の中で刻んで、1ラウンドの年月を精確ます.そんなに清明、澄んでいる.実は、人よりも1本の木は、過去から現在に至るまで見えない未来、人が直面する刻々、溢れる予知できない変数で、人々が自分の手にこれらの変数を希望し、の奮闘を持った時に,彼は1種の希望というもの.
なんの、いつも夜は夢から覚めて、もう寝ない.自分の過去、現在、未来を考える.涙も由来のない落ちない、悔しい、迷い、茫漠.前方の道はわからない、私は前方の道を知らないで、私は未来の自分はどんな様子で、私、感じているのは1種の恐怖です.私は前途の困難を恐れ、前方のイバラを恐れ、すべて自分に傷つけたものを恐れている可能性がある.ただ、自分が深々と時に杜撰ていたいくつかのもの.私はずっと、1つの容器を探し当てて、これらの恐怖を載荷、これらの重い荷物を自分の体からおろしていくことを楽しみにしています.ついに、とても良い容器を探し当ててこれらの恐怖感を収容することを探し当てました.はい、彼女はきれいな名前があります—文字.

いつからとも、私は自分が文字になって、いつも深々と時、気持ちが抑えきれない時、私はどのみちコンピュータの前に座って、少しもこなさの文字を打つことができます.徐々に、文字は私生活の一部になりました.文字も私が心にきめ細かい、私は生活の中の少しずつ滴っ、そして、彼らは文字に転化して、記録して.その後、架空の物語を書き始め、その後、その後、連載開始.一つ一つの物語を見て自分のペン先が現れ、心も少し喜び.

私は長期の執筆、私は、文字、私の生活の大半を占めている.私の理想も変わってきて、最初の政治からは希望になりたいと思っていました.私は、私にとって、これは非常に長いプロセス、しかし、私は、自分の夢のために、私は多くの夢、私はあきらめている,自分の夢をずっと追いかけて、他の人と同じように、追いかけて追いかけて.

のすべての人はすべて自分の希望になりたい人、すべての人はすべて絶えず努力して、そして、すべて堅持しさえすればと思って、これらの随分長くて,玉ねぎ、寂しさに耐えられ、自分の願望を十分に強大で、きっと現実に変わる.私達、通常はこの物、夢を—と称して.少し迷って,自分の前途は覚束ない、甚だしきに至ってはよくない考えがあることができます.しかし脳の海に、どのみち1種の考えて支えられている自分を持って、倒れないで、しっかり前へ歩いて行きます.かつて自分を教えたことがあって、自分の心を持つと呼ばれる夢のもの、その米比類がない、もしこの比類のない美しさに会いたいなら、自分で选んでこの道を歩いて、断固としていても、、イバラの傷の満」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です