塵に花が玉ねぎ咲く

に胡成兰説:張愛玲会った彼、彼女には低い、低にほこりの中に.しかし彼女の心は喜びで、ほこりから花が咲くのです.

私はすべて人がほこりの中の1つの花になって、あのように私たちにほれる人,ほこりになって、たとえ1日そんなに1泥になっても、絢爛にも背かしない.張愛玲読んで、更に多くのは好きな文字は、もともと簡単な文字が彼女のペンで命が,そんなに鮮やか.彼女の俗っぽくとしては非凡な気質で、私たちは行間に見ている.庄周梦蝶、冷暖自ずから知る.私は本当に彼女にほかならない体験当時の気持ちが、同じ女性の同胞、私は敬服世俗の幸せを追求するには勇気を恐れないが、そんな写真民国臨水は花が、逃げない世俗の分離.起因の縁が消える、誰の間違いに対して誰.愛情が来る時、よく享受して、愛情の時、平然として手を放して、1種の闊達ではありません.

pは始めからエンディングになると知っていても、それは,玉ねぎ、真っ直ぐにならないのかな?30歳の後の人にとって、10年8年は縫っ間のことだが、若い人にとって、三年五年は一生.このように、一生で、起伏にうねる、よろめい、自分にとっても塵の低い人、ほこりの人になります.過ぎて逝く靑春の若さはただ年月、映さのはところがそのように大胆に冒険する、大胆に奮闘する精神.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です