ともしびの玉ねぎ彼方には、子と添い遂げる最初の誓いを忘れていた。

春華が尽き、赤手すりに住んでいて、殘しなければなら满处黄堆積.独倚貧しくてつらい学習環境、どこもかしこも悲しみの憂うつ散る夜の小さくて涼しい.靑白い燈火だけ影夜がまだ明けない、あの襲黒い服を忘れぬ.と徐清风、杯を独酔って、見て、約束、適わないいう挫折、たちまち、风轻云淡、誰も美人の気にする?また花火のたちどころにの美しさを覚えていますか?草と花尽くし、俗世の因縁難しい切れて空哀れん鏡,玉ねぎ、誰?はばむ曲所、誰かに一巻の美しい詩を書くのですか?涙は年回りに染まる、ともしびは彼岸.誰が、子と最初の誓いを忘れたのは誰?

紅塵紫陌、偽装の強さが割落ちない記憶は若死に、永遠の思い出が,ひっそりとした美しく、碧水揺れる清愁.寒烟風の巻を固守するあの季節の夢のカーテンが、携着心不滅の油ランプ、愚かな読ん瀟湘共谱情の字のひらひらする.一場の春夢、それ雨巷の唐傘は結局はただ朝顔の花一時.涙の雨闌珊、苦しみを待ち望む一潭黒い服、弱い水が数え切れないほどあって、誰がまた1すくいつらぬいて誓い?清江岸辺に黒い髪の少年少女に変更、しようがない.昔からの往事、相思は借金になる.前世の輪廻の陥落して,つかの間の奥に、誰一叶兰舟を軽くがですか?江冷叹は当たり前に、紅塵の葛藤、散る終寒怨み……QQ:2651426116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です