玉ねぎ春は遠くない

冬は春にまた遠いか?朱自清が言っていた.愛情がなくてもまた来ることができますか?私は自分に聞いて.

我喜欢冬天暖暖的被子

喜欢夏天清凉的河水

喜欢秋天飘零的落叶

喜欢春天勃勃、玉ねぎ、的生机

某人说过与文字沾上边的孩子

注定是不快乐的

原来我这样的感伤是因为文字

伤感的时候

觉得自己像个忧郁的孩子

违心的笑容会不会让皱纹再生

悲催的心情会不会让肝脏郁结

躲在屋子里

看不到外面的阳光灿烂

春天不远了吧

为什么我还这样的没有朝气

冬天就要过去了吧

为什么我还这样蜷缩着自己

春天就快来了吧

为什么我看不到它的气息

冬天就要走了吧

为什么它还那样侵蚀我的灵魂

没有あなたは

春は来る

ただ一個少ない遊びに私に付き添ってた

ただ一個少ない物見遊山の人は私に付き添って

ただ少ない1段の充実した寂しさ

ただ多くしばらく寂しい孤独

春の遠くない

本当に本当に遠くない

ほら

太陽は毎日あんなに光り輝いて

ほら

空気毎日そんな清新

ほら

芝生で

徐々に回復あなたはそれを見て/>庭の桂の木も花が掛かっている

春の遠くない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です