思い出の玉ねぎ乱れは

p午後の日差し、夢中になる.

ベランダ下の揺り椅子、快適な感じ.

習慣性の手をまだら模様の日光、君がいないだけに、耳に心地よいの風鈴、乱雑な刺してどんと音を立てて.思い出は、刹那、静かに来襲.

私は大丈夫、私、急にあなたがとてもあなたを思っています.

起き上がる、家に帰って.引き出しの逆数第二格、そっと取り出して、あなたの無数の気持ちの日記帳を取り出して.

あなたはどのくらいあなたに会えなくなったか?どのくらいあなたと連絡がないと言うべきか.呵、私は知らない.あの日,私は、あなたのニュースを知りたくありません.私はそっと首を横に振って、そして淡々ほほえみは.その後、小さい顺にはネチネチのあなたのメッセージについて.

p実は,
本当に我慢できないんだ.忘れたと言って,玉ねぎ、耳がいつも私を集めてあなたのニュースを集めて.

君はQQにはニュースが来ているから.君が言っても後悔してもいいよ.俺はすぐに愚昧、思い出は刹那、静かに来襲.

私たちの感情、ポヶ、何度、何度も.私は私は疲れて、私は自分の幸福に属することがあって、私はあなたのすべての思い出の段を封しました.

もう二度と行かないで、もう戻らない.

もう18歳の衝動と情熱がないから.今の私、大切にすることと守りたいと知っている.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です