雨の玉ねぎ日の思い出は

夏の雨はいつもとても早く来ている.何の風に吹かれて、いくつの雲に翻って、雨粒は落ちて下りてきました.

簾の窓、雨の粉はすぐ飛んで、服にくっついて.空が暗く,ぼんやりとした一枚.雨が針のように、千切り、牛の毛、屋根の上に落ち、電柱に、樹の上、芝生には途中に積もる一つ一つ水溜り.

手たれ窓台の上で、降り注いを眺めて、すべてに戻ったみたいにあれらの雨の日には、あの雨の子ども時代.

私は幼稚園の時、家は1階に住んでいる.これは、これは私にとって、絶妙なメリットだということです.いつでも家の入り口の小道で小走り、縄跳び、木の葉、からかい、たまに猫をからかいこともある.

一度雨が降ったら、私は収斂,玉ねぎ、玄関の階段に座って、ぼんやりとして、お菓子をかじっながら、その目は傘を睨まて歩くと自転車が通っている人たちを睨まている.屋根瓦の上に落ちる雨の音を、ある軽快で、あるものの、まるでチャイム、子守歌のように、聞いているうちに、眠ってしまった.

雨上がり、木の葉は普通に洗って、湿っぽい芝生はもっと柔らかい.私はもっと好き雨上がりの家の入り口で駆け回って、水にはわざと踏んで何を奥へ、迸る一つひとつ水しぶき,ズボンの裾にくっついて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です