玉ねぎ十月風

p、十月風、この秋の十月の風!誰がこのとても気持ちいいの十月の風を味わう!

高遠広大な靑い瓦をふくの空、秋の十月の大地に吹く風は十月のている!

から農人々のあぜ、雲の上にそびえ立つビル;高くそびえる八達嶺で、果てしない海の浜を席巻して、この十月の風!

p>扑啦啦<赤旗吹き始めた、雄飛の銅鑼を始めました、この十月の秋風吹く960万平方キロだ大地.金色の豊作を連れて吉報を持って、野の清新で、吹いてくる十二亿人の心.秋耕大地が開いた胸,玉ねぎ、思いきり楽しんで.笑っていたざくろは笑う、不器用に揺れる……

pの十月の風は、金色の風、ばさばさ,鳴ら、波のようにわき返る、人々の心にあふれるのはこの十月の風!この強さ、神州大地を席巻し、金色の風に!

p>に足を止めて<の雄鶏の高まりました、このひらひらとの西風.良い楽しい高鳴!淋漓歌声!神州大地に歓呼して,全世界の人々が驚いたが、この中で楽しいの高まりにそむ!

いい痛快な高まり、激動出すなお、喉、歌った千年の声,

このそむ感謝、四方八方に吹く風の十月!

p

!このすっきりした十月の風は!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です