生活に水を入れてあ玉ねぎげる

は子供のころ、おじいさんと畦に巡視挿入剛やがてイネの苗.超炎天下、穀類作物の苗が枯れて大幅に、風に揺れ、瀕死の様子.

おじいさんは言います:“あなたは急いで禾田に開いて不足して、それに放水、穀類作物の苗日向ぼっこ.」

pは数日後、あの日とは全く反対だ,
威哥王.あれらのがたがたイネの苗直立して、色も黄変緑、生気が一枚.

後に、私はやっと知っていて、ちょうどイネの苗を水に浸して、漂って止まらないで、成長しにくい,根をつかみ、それが自立して生存して、十分に養分を吸収する多くの水それは反その害.

私は生活の中で多くの反対にその害を受けた例を思い出して,私は生活の中で多くの反対にその害の例を受けて.一部の子供は親の愛多き寵愛は不足して、彼らに溺れてその中で、なかなか抜け出せない.仕事の勉強中、ストレスで自分を進んでいる人もそうです.ストレス、少ないのは、自分のスペースを飛ばしていることだし,玉ねぎ、ストレス、少ないのは自分のスペースを飛ばして.自分で生活を放水すること、そのような事はかえって効果的にも効果的な効果を達成することができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です