心の玉ねぎ春は

カーテンを開けて、窓の外を見て、道の夕陽さす虹の向こうで高い建物で、ビルの下であの列高山ガジュマル、夕日の下で、苍翠欲滴見える、あの起伏、枝葉が茂るの光景は、まったくない冬の寒さも忘れて、今は師走十二の真冬季節.

p>を見て<空を飛べる浮かぶ雲、遠く、あなたの忙しい影ばかりが目の前で、シャトルは行き交う人の中で、あなたはその頭を下げて、一投足の動きに深く影響を及ぼしている私に、私はあなたの魂の上空を見る夢を、私は気にするあなたの目に触れるの全身を感じる,玉ねぎ、それに放つ美しい靑春と.

このまま

に身を置く騒ぎ立てる都市、感じて文化古城特有のリズム:顺済橋の下の美しい伝説、泉州大橋に姿勢万千のしし、またその飛天揽月標的の市の花や、光るデイゴ……すべてのこのすべてがすべて頭の中で静かにしている.

見て、歩いて、感じて……

私は知っていて、これらはすべてあなたのためで美しい,私のすべて,媚薬,私の魂、そして美しい古来不変の誓いの言葉、夕日に照らされて輝き、手段の金色の光、この美しい夕日、あなたと私の心にも明日信じてもっとすばらしい……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です