した寂しさ玉ねぎを

pは不とてつもないな苦痛

幸せよりも鋭い<P>と ですPは、Pというポーリュシカ・ポーレにPとなり、P甜蜜の負担

には甘い負担が

人エクスタシー骨にしみる

隠忍の寂しいだがあわ

Pは当時の軽い冷やかしを覚えていますか?Pは笑って離れる様子

に殘ていますpは道すがら200メートルの通路

を一緒に歩きシルエットのあなたの輪郭みたいな感動

結が気分で、敢えてだり

Pは刹那の釘付けとして1つだけではありません.Pは何も重要ではない

ではありません

に限って立ちはだかっ雨よう粒粉雪

雨が降ると,玉ねぎ、窓は雨粒です

どのような愛は、どのような愛を占有する必要はありますか?徐々に夕闇、目覚めの愛<P>には久しぶりの暖かい、陳通の縁の

Pは弱い光にPというPは、黄昏の中を連れて飛んでいる

朧に朧に行く愛

は知っていてには申し分のない

は申し分がない愛鳥はまず空

に属しますP次は田野

に属します

場所などのかどうかは主動的趋近

夢には<P>が難しいと

難しいですPは,相思とPとしかないのですがPはPとしてPとして、Pとしてはきれいな足で涼しげな雨

1枝の桃の花は黙々として無語に挿し込んで

を挿していますもう一つはあなたにあげたいと思う私は人に聞かれた人は、私

と聞いてはいませんでしたPは春風吹く

です私はもう1つの地方に行って、また1つの地方に行くことしかできなくて雨後の壁の外の小川辺

は<P>ですPは,ぼんやりとしている

は「Pの寂しさを尋ている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です