《私たちはもう若玉ねぎくないと》

1日私たちはもう若くないと発見して、私達はこのように感じます:私達はすでに古くなった.

私たちはすでにすでに老いて、すでに老いて、生活の艱苦、夢の愚かさ、次第に私たちの鋼の牙牙に落ちてしまいました.多分、私たちは時々

します

である月夜の星の夜は一人でぶらぶら歩いて、各種のかつての若い軽はずみをまとい.

私たちはすでに老いた.私たちはみすみす見て歳月のカッターで両親の顔に刻まれた時は、ぼんやりと間の発見の自分の足で家をますます遠くなって、そしてよく

家に帰って、心の永遠の気になることを見てみて.親の期待、歩行のよちよち、この高い高い山、生は間仕切りすることを間仕切り????

鳥が飛んだ、歩きました、空っぽの巢に年老いた両親だけを殘して、彼らはある静かに朝の道端で君を頼りに、足踏みして、歩いてきた人、揚起の砂、ぼやけた彼の眼はもっと気に、あなたの心.

私たちはすでに老いた.私たちの心ののは本当に応えて、私達はもう執着しないことを選択して.私たちは徐々に偏執がガチガチて、かつての人を心の底に埋めて、長いこと忘れることができません.

pは心は置くことはできませんが、携帯電話に保存する番号は、お互いが永遠に気にかけている音符で、永遠にそこのこだまはどこまでも聞こえない.またあるなじみの路地に出会っても、ただ互いに淡々して、一件の彼女が無事に.

1分くらいなら、一年でも一生を必要としているのですから、一年前に一年も必要なのに、一年ぐらいは必要です,私たちはいつもある曲に鳴り響いているとき彼を思い出して、あるいは熟知している後ろ姿を見て、心は1つの文があります:彼女は元気ですか?

彼女は自分の愛が自分にはできないことを知っていて、依然として放棄しない中で彼の深く気にかかること.今は彼が自分でないとしても、依然として彼女が幸せになっていることを望みます.あの美しさに触れてなかったとしても.

私たちはすでに老いた.私たちは無数の嘘を歩いて、本当の友達はますます少なくなりました.生活の、大きな運命が入り組み、教えてくれました.あの3杯淡酒ふたつに託して.その時の私たちはもはや疑うこと酒は件の素晴らしいものを教える人ゎすれな.しかし,若い人が軽薄には、誰の人生を考えてはならないでしょうか?

私たちは、生活が変わって、生活が変わってきました.あるときは、私たちは、ほんの少しのわずかなものにこだわり,生涯永遠に、このような平平、無遺憾であります.

を見てた一言が、かつて右の手で放して左の手で握る、かつてを、じっとしていて落ち着く、すべて落ち着い.人はすべて平平と言うのが本当に本当に本当に本当に、しかしすぎると縮ん歳月、昔のようになることができますか?

私たちはお年を取って、ただ私たちは熟して、両親の愛の自分のように愛両親になりました.私たちは親の苦労を知りました、私たちは自分に恩に感謝することを教えてくれました.

私たちは古いがない、ただ私たちは熟していた.私たちはもっと純粋な心学会用の愛情,玉ねぎ、いったん海盟>

夢を追う玉ねぎ僕は

Pは五月一本として立つ若木、かすかに香りの花を放つ花、時間が正確な自分の体の中で自分を刻んで自分の体の中で刻んで、1ラウンドの年月を精確ます.そんなに清明、澄んでいる.実は、人よりも1本の木は、過去から現在に至るまで見えない未来、人が直面する刻々、溢れる予知できない変数で、人々が自分の手にこれらの変数を希望し、の奮闘を持った時に,彼は1種の希望というもの.
なんの、いつも夜は夢から覚めて、もう寝ない.自分の過去、現在、未来を考える.涙も由来のない落ちない、悔しい、迷い、茫漠.前方の道はわからない、私は前方の道を知らないで、私は未来の自分はどんな様子で、私、感じているのは1種の恐怖です.私は前途の困難を恐れ、前方のイバラを恐れ、すべて自分に傷つけたものを恐れている可能性がある.ただ、自分が深々と時に杜撰ていたいくつかのもの.私はずっと、1つの容器を探し当てて、これらの恐怖を載荷、これらの重い荷物を自分の体からおろしていくことを楽しみにしています.ついに、とても良い容器を探し当ててこれらの恐怖感を収容することを探し当てました.はい、彼女はきれいな名前があります—文字.

いつからとも、私は自分が文字になって、いつも深々と時、気持ちが抑えきれない時、私はどのみちコンピュータの前に座って、少しもこなさの文字を打つことができます.徐々に、文字は私生活の一部になりました.文字も私が心にきめ細かい、私は生活の中の少しずつ滴っ、そして、彼らは文字に転化して、記録して.その後、架空の物語を書き始め、その後、その後、連載開始.一つ一つの物語を見て自分のペン先が現れ、心も少し喜び.

私は長期の執筆、私は、文字、私の生活の大半を占めている.私の理想も変わってきて、最初の政治からは希望になりたいと思っていました.私は、私にとって、これは非常に長いプロセス、しかし、私は、自分の夢のために、私は多くの夢、私はあきらめている,自分の夢をずっと追いかけて、他の人と同じように、追いかけて追いかけて.

のすべての人はすべて自分の希望になりたい人、すべての人はすべて絶えず努力して、そして、すべて堅持しさえすればと思って、これらの随分長くて,玉ねぎ、寂しさに耐えられ、自分の願望を十分に強大で、きっと現実に変わる.私達、通常はこの物、夢を—と称して.少し迷って,自分の前途は覚束ない、甚だしきに至ってはよくない考えがあることができます.しかし脳の海に、どのみち1種の考えて支えられている自分を持って、倒れないで、しっかり前へ歩いて行きます.かつて自分を教えたことがあって、自分の心を持つと呼ばれる夢のもの、その米比類がない、もしこの比類のない美しさに会いたいなら、自分で选んでこの道を歩いて、断固としていても、、イバラの傷の満」

塵に花が玉ねぎ咲く

に胡成兰説:張愛玲会った彼、彼女には低い、低にほこりの中に.しかし彼女の心は喜びで、ほこりから花が咲くのです.

私はすべて人がほこりの中の1つの花になって、あのように私たちにほれる人,ほこりになって、たとえ1日そんなに1泥になっても、絢爛にも背かしない.張愛玲読んで、更に多くのは好きな文字は、もともと簡単な文字が彼女のペンで命が,そんなに鮮やか.彼女の俗っぽくとしては非凡な気質で、私たちは行間に見ている.庄周梦蝶、冷暖自ずから知る.私は本当に彼女にほかならない体験当時の気持ちが、同じ女性の同胞、私は敬服世俗の幸せを追求するには勇気を恐れないが、そんな写真民国臨水は花が、逃げない世俗の分離.起因の縁が消える、誰の間違いに対して誰.愛情が来る時、よく享受して、愛情の時、平然として手を放して、1種の闊達ではありません.

pは始めからエンディングになると知っていても、それは,玉ねぎ、真っ直ぐにならないのかな?30歳の後の人にとって、10年8年は縫っ間のことだが、若い人にとって、三年五年は一生.このように、一生で、起伏にうねる、よろめい、自分にとっても塵の低い人、ほこりの人になります.過ぎて逝く靑春の若さはただ年月、映さのはところがそのように大胆に冒険する、大胆に奮闘する精神.

ともしびの玉ねぎ彼方には、子と添い遂げる最初の誓いを忘れていた。

春華が尽き、赤手すりに住んでいて、殘しなければなら满处黄堆積.独倚貧しくてつらい学習環境、どこもかしこも悲しみの憂うつ散る夜の小さくて涼しい.靑白い燈火だけ影夜がまだ明けない、あの襲黒い服を忘れぬ.と徐清风、杯を独酔って、見て、約束、適わないいう挫折、たちまち、风轻云淡、誰も美人の気にする?また花火のたちどころにの美しさを覚えていますか?草と花尽くし、俗世の因縁難しい切れて空哀れん鏡,玉ねぎ、誰?はばむ曲所、誰かに一巻の美しい詩を書くのですか?涙は年回りに染まる、ともしびは彼岸.誰が、子と最初の誓いを忘れたのは誰?

紅塵紫陌、偽装の強さが割落ちない記憶は若死に、永遠の思い出が,ひっそりとした美しく、碧水揺れる清愁.寒烟風の巻を固守するあの季節の夢のカーテンが、携着心不滅の油ランプ、愚かな読ん瀟湘共谱情の字のひらひらする.一場の春夢、それ雨巷の唐傘は結局はただ朝顔の花一時.涙の雨闌珊、苦しみを待ち望む一潭黒い服、弱い水が数え切れないほどあって、誰がまた1すくいつらぬいて誓い?清江岸辺に黒い髪の少年少女に変更、しようがない.昔からの往事、相思は借金になる.前世の輪廻の陥落して,つかの間の奥に、誰一叶兰舟を軽くがですか?江冷叹は当たり前に、紅塵の葛藤、散る終寒怨み……QQ:2651426116

玉ねぎ春は遠くない

冬は春にまた遠いか?朱自清が言っていた.愛情がなくてもまた来ることができますか?私は自分に聞いて.

我喜欢冬天暖暖的被子

喜欢夏天清凉的河水

喜欢秋天飘零的落叶

喜欢春天勃勃、玉ねぎ、的生机

某人说过与文字沾上边的孩子

注定是不快乐的

原来我这样的感伤是因为文字

伤感的时候

觉得自己像个忧郁的孩子

违心的笑容会不会让皱纹再生

悲催的心情会不会让肝脏郁结

躲在屋子里

看不到外面的阳光灿烂

春天不远了吧

为什么我还这样的没有朝气

冬天就要过去了吧

为什么我还这样蜷缩着自己

春天就快来了吧

为什么我看不到它的气息

冬天就要走了吧

为什么它还那样侵蚀我的灵魂

没有あなたは

春は来る

ただ一個少ない遊びに私に付き添ってた

ただ一個少ない物見遊山の人は私に付き添って

ただ少ない1段の充実した寂しさ

ただ多くしばらく寂しい孤独

春の遠くない

本当に本当に遠くない

ほら

太陽は毎日あんなに光り輝いて

ほら

空気毎日そんな清新

ほら

芝生で

徐々に回復あなたはそれを見て/>庭の桂の木も花が掛かっている

春の遠くない

思い出の玉ねぎ乱れは

p午後の日差し、夢中になる.

ベランダ下の揺り椅子、快適な感じ.

習慣性の手をまだら模様の日光、君がいないだけに、耳に心地よいの風鈴、乱雑な刺してどんと音を立てて.思い出は、刹那、静かに来襲.

私は大丈夫、私、急にあなたがとてもあなたを思っています.

起き上がる、家に帰って.引き出しの逆数第二格、そっと取り出して、あなたの無数の気持ちの日記帳を取り出して.

あなたはどのくらいあなたに会えなくなったか?どのくらいあなたと連絡がないと言うべきか.呵、私は知らない.あの日,私は、あなたのニュースを知りたくありません.私はそっと首を横に振って、そして淡々ほほえみは.その後、小さい顺にはネチネチのあなたのメッセージについて.

p実は,
本当に我慢できないんだ.忘れたと言って,玉ねぎ、耳がいつも私を集めてあなたのニュースを集めて.

君はQQにはニュースが来ているから.君が言っても後悔してもいいよ.俺はすぐに愚昧、思い出は刹那、静かに来襲.

私たちの感情、ポヶ、何度、何度も.私は私は疲れて、私は自分の幸福に属することがあって、私はあなたのすべての思い出の段を封しました.

もう二度と行かないで、もう戻らない.

もう18歳の衝動と情熱がないから.今の私、大切にすることと守りたいと知っている.

自分あ玉ねぎて_いち

過去の事は

いくら人牵肠控腹、過去の承諾に今もそんなに倉白無力.あなたは私に一生の友情を約束して、このような友情は他人も分かち合うことができません.

p>この美しい友情<は、同時に共同埋め1粒がいつまでも爆発の炸蛋、傷がお互いを避けるために家族やので,私達の选択は放棄して今の気持ちは、一定の距離を維持する.

私は私たちはまた重さを保つことができることを望んで、もしかするとこのようにやり遂げることはできません.人を離れて、友達を作ることができなくて、いっしょに楽しく付き合うことができませんか?.困り果てるの愛、他人の愛を換えてくることが必要ですか?自分の払うことには困り果てる、他人の仕返しをするか,玉ねぎ、人に押し付けるのか.

愛は利己的ではない、責任、承諾と払って、相手とあなたの永遠に期待できない、ただ、お互いに持っていることを気にする.平常心で愛の起きる、放して、次の.

私はあなたを愛しないで、あなたを愛してはいけません.君を愛してた.

私たちは今回の情感の放縦は1件の良い事で、もっと明確に自分は何を守るべきで,何を放棄すべきです.

神は私たちの幸せな平和と平和に援助、分離後もこの情誼を保つ.

九玉ねぎ枚機.春寒杏萋ジェル

1枚機、余寒ジェル杏萋、風が吹い柳渓流翠、さめざめと、オウバイがいっぱいで、遅く燕傍霞栖.

二枚機、夏蝉歌悠ガンてる流しの売春婦双啭蓮の間で、蓁蓁草、血凝芍薬、魚翻水中さざ波.

三枚機、秋雲茫茫草寒寒くて、菊蘭满桂香飽き枫林落ち紅火の如く、無数に入り、霜壁衣.

4枚機,冬梅颜嬿雪は衣、柏松濃緑色朔風され、靑竹れ香溢カイドウ.蛇蔵熊飢える.

5枚機、酒が泥に百年の遺伝子を埋め、美酒梨花ガス、蜂纏蝶為替,玉ねぎ、酔っ神鬼酒器ファン、仙飛ぶように.

6枚機、月清素影破雲衣、嫦娥マン舞香蘭侍、黄肥キンモクセイ吴郎切って、もっと、月芝居金猊.

七枚機、茶移竹木水淹れるはまばらで、淡黄葉翻ノール香積、银针接客、お茶を亭憩う、ゴシップ世奇.

8枚機、星凝副虹彩時蛍ファン、璇玑北絢南辰懿,七夕、久しぶりに会うこと、明るい人で.

九枚機、千秋世事清濁数、万重山水天芸、情の仇の恩讐、日が西に月を掲げ、幻位本当によく移.

桐ささやきQQ:910228340

雨の玉ねぎ日の思い出は

夏の雨はいつもとても早く来ている.何の風に吹かれて、いくつの雲に翻って、雨粒は落ちて下りてきました.

簾の窓、雨の粉はすぐ飛んで、服にくっついて.空が暗く,ぼんやりとした一枚.雨が針のように、千切り、牛の毛、屋根の上に落ち、電柱に、樹の上、芝生には途中に積もる一つ一つ水溜り.

手たれ窓台の上で、降り注いを眺めて、すべてに戻ったみたいにあれらの雨の日には、あの雨の子ども時代.

私は幼稚園の時、家は1階に住んでいる.これは、これは私にとって、絶妙なメリットだということです.いつでも家の入り口の小道で小走り、縄跳び、木の葉、からかい、たまに猫をからかいこともある.

一度雨が降ったら、私は収斂,玉ねぎ、玄関の階段に座って、ぼんやりとして、お菓子をかじっながら、その目は傘を睨まて歩くと自転車が通っている人たちを睨まている.屋根瓦の上に落ちる雨の音を、ある軽快で、あるものの、まるでチャイム、子守歌のように、聞いているうちに、眠ってしまった.

雨上がり、木の葉は普通に洗って、湿っぽい芝生はもっと柔らかい.私はもっと好き雨上がりの家の入り口で駆け回って、水にはわざと踏んで何を奥へ、迸る一つひとつ水しぶき,ズボンの裾にくっついて.

玉ねぎ十月風

p、十月風、この秋の十月の風!誰がこのとても気持ちいいの十月の風を味わう!

高遠広大な靑い瓦をふくの空、秋の十月の大地に吹く風は十月のている!

から農人々のあぜ、雲の上にそびえ立つビル;高くそびえる八達嶺で、果てしない海の浜を席巻して、この十月の風!

p>扑啦啦<赤旗吹き始めた、雄飛の銅鑼を始めました、この十月の秋風吹く960万平方キロだ大地.金色の豊作を連れて吉報を持って、野の清新で、吹いてくる十二亿人の心.秋耕大地が開いた胸,玉ねぎ、思いきり楽しんで.笑っていたざくろは笑う、不器用に揺れる……

pの十月の風は、金色の風、ばさばさ,鳴ら、波のようにわき返る、人々の心にあふれるのはこの十月の風!この強さ、神州大地を席巻し、金色の風に!

p>に足を止めて<の雄鶏の高まりました、このひらひらとの西風.良い楽しい高鳴!淋漓歌声!神州大地に歓呼して,全世界の人々が驚いたが、この中で楽しいの高まりにそむ!

いい痛快な高まり、激動出すなお、喉、歌った千年の声,

このそむ感謝、四方八方に吹く風の十月!

p

!このすっきりした十月の風は!