般若の玉ねぎ夢

自分が世界を見ていると思っているか、あるいは、成熟して、あるいは現実はすでに自分をちぎっている程度まで殘酷ているのだから社会の世の変転を食べてみないで、永遠に若いのが軽はずみであることを知っています.以前はいつも何を感じないのは不可能で、天下を睥睨する時、本当にある種の”糞土当時万户侯” ;な感じで、自分の夢は何百年も前に生まれ、は千古一帝.以前、どうしてもできない自分を信じてしまう重代の輪廻に耐え続け、貧しい;どうでも信じられない自分が生きるためにあきらめの尊厳、どのようにも信じないテレビで撮った社会は本当に殘酷で、腹を探り合って暗闘.

でも世界が変わることはない、現実は現実、厳しいか、それとも.適応することは、従うことが唯一の選択.

歴史の轮廻は、粉砕して,玉ねぎ、粉砕の多くの人、彼らの夢、彼らの魂を横領し,彼らをさせる.この世界が許さないすべての人はすべて自分の夢を実現し、夢の前提は生存し,ほとんどの人は一生を解決する生存問題なので、夢だけは愚かな時期を確定した1種の人生の憧れ.

は落ちぶれるたくない、このままずっと永遠に、夢のように、考えてみたくない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です