玉ねぎの選び方

玉ねぎは頭の部分から傷んできます。頭をさわってみて肉質がしっかりとしているものがよいでしょう。押してやわらかいものは中が腐っていたり傷がある可能性があります
首の部分は、乾いていて細くしまりのあるものがよいでしょう。
芽や根の出たものは、水分や栄養精力剤分が少なくなってしまって味も落ちます。
外皮がよく乾燥していてツヤがあり、かたく締まっていて重みがあるものがよいでしょう。
皮が浮きあがっている感じのものは、皮の下にカビが生えている恐れがあります。
赤玉ねぎや白玉ねぎを選ぶ時は皮の美しさを一番に見極めましょう。赤玉ねぎなら赤紫がくっきりと鮮明なもの、白玉ねぎもできるだけ白いものを選びましょう。白玉ねぎの緑がかったものは繊維がかたいので避けてください。

つぎにロのなかをみて、ロ中によく唾がたまる者は、\7腸虚弱に用いる人参湯証である。さらにはロ中の奥をみて扁桃が赤く肫れていて痛みがあれば陰病で、腫痛を和らげ、化膜を防止 する枯梗と«-草の組み合わせの治となり、さらに咽痛の度が深くなると粘痰を溶かす半5と甘草の組み合わせとなる。
•漢方診断の根幹——舌胗

舌の状態は漢方の診断では要な根拠となる。これが舌診である。急性病では病気の進行にしたがつて刻々と変化する。慢性病においては「齡血」や「水逛」を知る手掛かりとなる。舌 レビトラをみる場合には、唾をのみこませてきれいに拭い去つた状態でこれを見る。

舌苔の変化は、公性病においては歴然と現れて、ただちに治療上の指針となる。舌苔の示す种々相は、この病铽がいまどんな時期にあるか、あるいは位険期ではないか、すでに回復に向かっているかあらわしている◊さらに、発汗剤を用いてよい時期か、下剤にしなければならないか、あるいは全身の代謝機能を補助すべき方策を必赀とするかなど、決断への冇力なより所 を提供している。