玉ねぎの健康効果について

玉ねぎは健康食品の一つとして、その効果はよく知られています。特にタメネギの独特の辛みと、切ったときに目にしみる刺激成分は、ねぎ類に共通して含まれる「硫化アリル」というもの。玉ねぎの硫化アリルには、血液の凝固を抑制し、血液をサラサラにする働きがあるとして、血栓や動脈硬化の予防になるといわれます。
玉ねぎで血液を清潔にするなら、なるべく生の方がおすすめです。 媚薬購入
水にさらすと硫化アリルが流れ出てしまうので、スライスしても、是非そのままで!さらに、生で食べる場合も、加熱して食べる場合も、たまねぎを切った後空気中に15分以上放置することで、栄養成分が安定して、血液サラサラ効果を最大限に引き出すことがわかっています。加熱する場合は、しばらく空気にさらした後に調理すると、良いようです。
玉ねぎの摂取量は1日に50g。中サイズの玉ねぎ1/4個程度です。ちなみに、この血液サラサラ効果は7時間くらいしか持続しないため、毎日継続して食べるのが重要。
玉ねぎの皮にはケルセチンというポリフェノールが豊富に含まれ、血圧を下げ、善玉コレステロールを増やす働きがあります。 早漏通販サイト
また、ケルシチンには、脂肪の吸収を抑制し、体内の脂肪を排出するなど、ダイエットに優れた効果があります。また、抗酸化作用や、デトックス効果、花粉症やぜん息、湿疹、じんましん等のアレルギー疾患を改善する効用もあるといわれます。また玉ねぎを切ってそもまま空気中に置きますと、空気の中の有害物質を吸収する健康な効果があると言われています。健康のために今から玉ねぎを利用しませんか。