玉ねぎの不思議な効果について

玉ねぎは西洋料理に多く使われており、西洋の鰹節と呼ばれています。日本は明治時代でタメネギを導入されたのです。玉ねぎはその独特の辛みや甘味であらゆる料理に利用されています。また玉ねぎはその特有の臭いは硫化リルなどのイオウ化合物の臭いで、不思議な健康効果があります。
高血圧や糖尿病に
硫化アリルは動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進し、血栓ができにくくする作用があります。最近よく言われる「血液がさらさらに」というのはこの効果です。この作用で、高血圧、糖尿病、動脈硬化、媚薬・脳血栓、脳梗塞などの予防に効果があります。
疲労回復、精神安定に
硫化アリルはビタミンB1と結合してアリチアミンとなることで体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促進するはたらきがあります。ビタミンB1は、糖質を素早くエネルギーに変える栄養素で、不足すると、疲労、食欲不信、不眠、イライラなどの症状がおこります。ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉やハム、かつお、大豆などなので、これらと一緒に料理すると上記症状の予防に効果大です。
食欲増進に
硫化アリルは、胃の消化液の分泌を高め、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・胃のはたらきを改善し、食欲を増進させる作用があります。
がん予防に
玉ねぎにはケルセチンというポリフェノール成分が含まれています。ケルセチンは、特に外皮に多く含まれています。ケルセチンには抗酸化作用があり、がんや老化などの活性酸素が引き起こす病害の予防になります。また、ケルセチンには体内に摂取した脂肪の吸収を抑制するはたらきがあり、ダイエットにも有効です。