ねぎについての簡単に説明すること

ヤンパ、別名ボールねぎ、玉ねぎ、玉葱、オランダのネギ、皮牙子などと呼び、ユリ科、アリウムの二年生科の植物である。タマネギは前立腺素aが含有しているから、血の粘度を引き下げることができますレビトラ。玉ねぎも外周血管抵抗を引き下げ、血圧を下げ、覚醒やストレス解消し、风邪を予防する効果があります。また、玉ねぎも体内活性酸素を强化し、新陈代谢能力とアンチエイジングに予防することができます。中高年層にとっていい保健食べ物である。中国でタマネギは南北各地で栽培されています。中国人にはとっても重要な食材です。中国でタマネギの産地は主に福建省、山東省、甘粛省、内モンゴル、新疆など広く栽培されています。

最初の玉ねぎはアジアの西南部と中央アジアアナ、小さなアシアナのイラン、アフガニスタンの高原地区に栽培され、これらの地域でたまねぎは野生タイプです。

タマネギの起源は、約5000年あまりの歴史があります。紀元前1000年に伝わってエジプトで、 16世紀で地中海から米国が伝わって、19世紀が日本に伝わって(明治期)で、20世紀初めに中国が伝えました